うしのつむじ

牛の版画と絵を描く、冨田美穂のブログです。

SIRE 平成29年11月号。 

 

サイア11月号です。
タイトルは「サンダーバード」。ジェネティクス北海道さん一押しの種雄牛です!

ブログに載せるのがすっかり遅くなってしまいましたが、裏表紙で個展の案内を載せて下さいました。
いつも本当にありがとうございます!

こちらにもありますが、ジェネティクス北海道さんのwebサイトが新しくなりました。
私の表紙絵のギャラリーや、カレンダーのダウンロードもできますよ!ぜひご覧になってみて下さいね。
http://www.genetics-hokkaido.ne.jp/




usi2016268_R.jpg

category: 仕事

tb: --   cm: --

△top

酪農女性サミット2017に参加しました。 

 

個展の会期中、12月5日に、酪農女性サミット2017の基調講演として、お話させていただきました。

作品や「おかあさん牛からのおくりもの」の事、私がどうやって牛に出会って、作品を作るようになったかというお話をつらつらとさせていただきました。
酪農に関わってきて、女性たちが本当にがんばっているのは間近で見てきたつもりですので、どうか身体を大事に、素晴らしい酪農の仕事を誇りを持ってがんばってほしい、と、エールを送るつもりで、お話しました。
初めての講演、しかも実行委員の方を含めて全部で170人くらい会場にはいらしたと思うので…とても緊張しました。
つたない話でしたが、聞いて下さった方、本当にありがとうございました。

会場で絵本「おかあさん牛からのおくりもの」とチャリティーポストカードも販売させてもらって、たくさんご購入していただきました。
そちらもありがとうございました!

酪農女性サミット講演画像


その後は一参加者として、サミットを楽しんでしまいました。
「酪農をもっと楽しく、もっとおしゃれに」というテーマの作業着のファッションショー。モデルさんはかわいいし、小道具も仕事を知っている人ならではで、見ていて楽しかったですね~。取材のテレビカメラの数がすごかった!

その後の育成預託の遠藤裕子さん、酪農家の岩本実季さん、酪農ヘルパーの渡辺有紀さんと実行委員の久富聡子さんのパネルディスカッションがとても良くて…。
どこからこんな素敵な女性たちを集めてきたのかという、3人ともとても良いお話でした。苦労もたくさんある中、創意工夫や自分でいろいろ気づいていったり、仲間と集まったり、前向きに仕事に人生に向かう姿はとてもまぶしかったです。

懇親会もみなさんすごいエネルギーでした。皆さんそんじょそこらの女子より体力ありますからね!
たくさんはなしかけて下さったのに、私の反応がいまいち薄かったのは、体調が悪かったからです…申し訳ないです。
みなさんともっとお話ししたかった…!

2日目は北大大学院准教授の小林国之先生の講演、「国際社会における日本酪農の近未来」も、新たな視点で酪農をとらえられました。日本の酪農は、世界にいろいろな酪農形態のある中の一つであるのだなあという視点は持った事が無く、とても勉強になりました。

ワークショップは、くじ引きで決めた6人グループで、模造紙に2030年に自分や日本の酪農はどうなっていたいか、現在のこと、そして目標をかなえるには何をすればいいか、というのをどんどん出してフセンで貼って行くというものでした。若い酪農女子達のぶっちゃけトークも面白かったし、6人寄り集まればいろいろなアイディアが出るものだなあと感動しました。
それぞれ違った立場ながら、たくましく田舎の町で酪農に携わっている様も聞いていて頼もしかったのです。

酪農女性サミットワークショップ画像


ほんとうの事を言うと、私に限ってはいつも自分の事でいっぱいいっぱいで、日本の酪農の事まで心配している余裕がなかったのですが…こんなに酪農に憧れたり仕事が好きな若い子や、頼りがいのある活躍中の女性がいっぱいいるなら、これからいろんな問題が酪農という産業に起こってきたとしても、なんとかなるんじゃないかな、なんて思いました。

そしてもっと自分もがんばらなければなあと。

最後になりましたが、このような素晴らしい会を開催して下さった実行委員会の皆様、本当にありがとうございました。普段のお仕事もある中、本当に大変なご苦労だったと思います。講演の大役も皆様の明るさにとても助けられました。お疲れ様でした!

この記事の写真は、実行委員の薮内さんが撮ってくださったものです。

興味のある方は酪農女性サミットのfacebookページに写真などたくさん上がっていますよ~。 https://www.facebook.com/dairywomansummit/…

category: 仕事

tb: --   cm: --

△top

個展「牛のつむじ」展終了しました。 

 

札幌円山のGallery Reraraさんにて、冨田美穂個展「牛のつむじ」無事会期を終了しました。
冬の始まりの雪や雨で足元が悪い中、本当に多くの方に足をお運びいただきました。

来てくださったすべての方、また応援して下さった方々に、深くお礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

太郎賞の時の「388全身図Ⅱ」を中心に、ここ2~3年の作品と新作を展示しました。
Reraraさんの広々と明るい空間で、作品の牛達ものびのびしているようでした。

前回のRetaraさんでの個展から4年、あのときよりずっとたくさんの方に来ていただいた実感があり、それだけ多くの人に私の作品が届いたのだなあと思うと胸に迫るものがあります。
会期中、北海道新聞さんの札幌10区に取り上げていただいた事も大きかったかもしれません。

アートと畜産という全く違ったジャンルの人が交差する、また興味を持ってもらえる作品であるからこその責任もまた、感じた機会でもありました。

次は来年の展示予定へ向けて、この経験をまた糧にして、新しい作品を作っていきたいと思います。



IMG_7157 r

IMG_6652 r

会場風景。


IMG_6659 r

酪農ジャーナルに佐藤弘康さんと連載していた「オノマトペ牧場」の原稿も展示しました。お気に入りの2枚です。


IMG_7160 r

1日1牛。そしてチャリティーポストカードもたくさんお買い上げいただきました。今年中にReraに寄付したいと思います!



img-6690 tr

IMG_6688 r

新作の1177。70.5×57.5cm


IMG_7183 r

IMG_6680 r

新作の915。65×65cm


IMG_7253 r

388全身図Ⅱはまた剥がして丸めました。大きいのでそのまま運べないのです。次に広げるのはいつになるでしょうね。





category: 展示の報告

tb: --   cm: --

△top

牛のつむじ展、始まりました。 

 

11月23日より、札幌は円山のGallery Retaraさんにて、冨田美穂個展、「牛のつむじ」始まりました。

初日から、本当にたくさんの方が来てくださいました。ありがとうございます!

たくさんの方に助けられて、なんとか初日を迎えることができました。

ぎりぎりまで新作を作っていて、こちらから札幌に向かうバスに作品を持って乗り込むはめになってしまいましたが…。

メインは太郎賞の時の「388全身図Ⅱ」

IMG_6648 r

直前まで作っていたのはこれです。多色刷りの「915」。まだ会期はじまったばかりなので、部分写真で…なかなか苦労しましたが、白い牛の版画をずっと作ってみたかったので、念願かなった感じです。顔と首の正方形の画面です。

mihotomita-915 d

一日一牛も貼りだしました。

IMG_6655 r

初日の23日は、ギャラリートークをさせてもらいました。

23961071_945087528976812_1695371138_o_R.jpg
撮影・小島啓二氏

札幌近郊やずいぶん遠くからもたくさんの方が来てくださって、本当に嬉しかったです。
ご挨拶できなかった方もいたのでとても心のこりなのですが…。
トークは、話が前後したりお聞き苦しいところもあったのではと思いますが、30分あっという間でした。
言う事を準備するとうまく話せないので、その場の勢いでお話させてもらって、あとから考えるとちょっと捕捉したいところもあったりなので、少しここで書かせて下さい。

牛を木版画で作る、という表現にたどり着いたのはほんとうに偶然や出会いがいろいろ重なって、自分で選んだというよりたどり着いた、という感があるのですが。
後からいろいろ理由づけたりもするのですが、一番はやはり木版画の自分の作品が好き、という事につきるのかもしれません。

背景もなく、柔らかいようで硬質な、三角刀で彫った毛の表現で、牛のもつ神々しいような近くて遠い存在感に迫れる気がするのです。立体感があるようでとても平板で、絵では出せない凝縮したような表現になっているのではないかと。

まだまだ途上ですが、続けていく事でもっと近づける何かがあればいいなと思っています。

つたない話を聞いて下さった皆様、本当にありがとうございました。

会期は12月11日までです。どうぞご覧になってくださると嬉しいです。

後は酪農女性サミットの全日の12月4日と、最終日の12月11日に会場に居るつもりでいます。

冨田美穂展 牛のつむじ 
2017年11月23日(木)~12月11日(月) 火曜日定休 12:00~18:00 
Gallery Retara 札幌市中央区北1条西28丁目2-35MOMA Place 3F

category: 展示のお知らせ

tb: --   cm: --

△top

荒川版画美術館、2017年の営業を終了しました。そしてあたたかい展のお知らせ。 

 

2017年の佐伯農場荒川版画美術館、及びレストラン牧舎の営業は、11月12日をもって終了いたしました。
来年の春まで、冬季休業になります。

今年もたくさんの方に作品を見て頂きました。
本当にありがとうございます!!

厳しい冬を乗り越えて、また春にお会いしましょう。

そして、11月23日からは、東一条ギャラリーで毎年恒例あたたかい展がはじまります。
私も少しだけ参加しております。ポストカードの新作もありますよ~!お近くのかたは、ぜひ!
2017あたたかい展
1月23日(木)~12月3日(日)
月火水曜日はお休みです。
午前11:00~午後5:00まで。
usi2016244_R.jpg


もうすぐ雪に埋まる景色。






category: 展示のお知らせ

tb: --   cm: --

△top