うしのつむじ

牛の版画と絵を描く、冨田美穂のブログです。

網走市立美術館にて「所蔵版画展Ⅱ」展始まっています。 

 

網走市立美術館にて、「所蔵版画展Ⅱ」が始まっています。

網走市立美術館で買い上げてくださった版画作品が展示してあります。私の作品は小品が中心ですが、先日のNHKの中継の冒頭で刷っていた「946」もあります。

広い第二展示室に、恩師である池田良二先生の作品の横に並んでいるのでとても恐れ多いのですが…。

池田先生の作品も見応えがありますので、お近くの方はぜひご覧になってみて下さい。

網走市立美術館コレクション「所蔵版画展Ⅱ」

2月18日(土)~4月2日(日)

午前9時~午後5時

網走市立美術館第二展示室

観覧料 高校生以上200円 小中学生100円

網走市立美術館  〒093-0016 北海道網走市南6条西1丁目
TEL:0152-44-5045 FAX:0152-44-5062








IMG_3196_R.jpg


IMG_3197_R.jpg


IMG_3198_R.jpg

category: 展示のお知らせ

tb: --   cm: --

△top

NHKほっとニュース北海道で紹介していただく予定です。 

 


2月21日(火)、NHk札幌局「ほっとニュース北海道」内にて、私の作品を紹介していただく予定です。

なんと我が家から生中継です…!4分ほどの短い時間ですが、版画の刷りや彫りの実演もする予定です。

中継コーナーは番組内の18時30分以降の時間帯だそうです。

なお、大きなニュースなどがありますと中止になる場合がありますので、ご了承ください。

北海道ローカルなので、見られる方はぜひご覧になってみて下さいね。

番組サイト http://www4.nhk.or.jp/P3122/x/2017-02-21/21/36675/8345711/



おまけスケッチ、まったり子牛たち

category: お知らせ

tb: --   cm: --

△top

SIRE 平成29年1月号。 

 

サイア、平成29年1月号発行されました。

タイトルは「丘の上のパンダ牛」。見ての通りですが、オホーツクの冬の空気感を描きこみました。




一年分の表紙絵もまとめてくださいました。太郎賞の告知も。ありがとうございます!

usi2016161.jpg



category: 仕事

tb: --   cm: --

△top

いいね!農styleさんに掲載されました。 

 

北海道アルバイト情報社さんのフリーペーパー「いいね!農style」さんに掲載していただきました。
以前「くらしごと」さんで紹介していただいたのとほぼ同じ内容です。
主に札幌市で配布しているそうですので、見かけた方はお手にとっていただけると嬉しく思います。

配布場所について、以下いいね!農styleさんのfacebookページより引用させていただきます。

必ずある場所は、弊社ビル1Fのフリーペーパーラックです。
◎札幌市中央区南2条西6丁目13-1 南2西6ビル
下記のお店では、今日から設置していただいていると思います。
JAさっぽろ様
本店営業部、琴似店、西町店、北札幌支店、丘珠支店、新琴似店、屯田支店。
イオン様は、
琴似店(地下鉄入口柱前)
麻生店(地下食品売り場の登りエスカレーター横)
栄町店(1Fラック横)
新札幌店(2Fエレベーター前)
東札幌店(南郷通側の入口自販機横)
文教堂様 西野3条店、宮の森店
アシーネ麻生店
TSUTAYA元町店
喜久屋書店 小樽店
紀伊國屋書店



IMG_3132.jpg

IMG_3133.jpg



usi2016158_R.jpg

おまけスケッチ

category: 紹介されました

tb: --   cm: --

△top

第20回岡本太郎現代芸術賞展始まりました。 

 


第20回岡本太郎現代芸術賞、ついに始まりました。

IMG_2961 2 r

出品作品「388全身図Ⅱ」です。大きさは156cm×233cm。卒業制作に次ぐ大きさの大作になりました。

IMG_2830 7 r

会期前日の2月2日、授賞式とレセプションがあり、東京へ行ってきました。
残念ながら受賞は逃してしまいましたが、審査員の方々のお話を聞いて、太郎賞に入選しただけでも、本当に凄い事であるなあと改めて感じました。
何より、真剣に美術を志す人たちの熱い気合いがぶつかり合うような、そういう厳しくも面白い空間に、自分の作品を展示できたという事が、本当に勉強になったと思っています。

審査員の何人かの方とも少しお話させていただきましたが、改めて、自分の作品の良さも、今回の作品に少し足りなかったところも、再確認させてもらいました。

本当にたくさんの方に助けてもらってここまで作品を持ってくることができたので、正直いえば、受賞して恩返しをしたかったし、悔しい気持ちもあります。

「悔しい」なんて気持ちを持たせてもらった事自体が、すごく貴重な事のような気がしているのです。

戦う相手は自分自身でしかありませんが、この誇らしさと悔しさをばねにして、さらに良い牛を表現できるように、精進してきたいと思っています。太郎賞入選という名前に恥じないようにもせねばなりませんね。

もっと自由に、そして厳しく、いい作品を作っていきたいです。

会期は4月9日までありますので、お時間のある方は、会場まで足をお運びいただけると嬉しいです。

岡本太郎美術館は生田緑地の中にあり、天気の良い日などはピクニックがてらにとても良い場所だと思います!

改めて詳細です。

第20回岡本太郎現代芸術賞展
会場 : 岡本太郎美術館 企画展示室
会期 : 2017年2月3日(金)~4月9日(日)
主催 : 川崎市、川崎市岡本太郎美術館
      公益財団法人岡本太郎記念現代芸術振興財団
開館時間 : 9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日 : 月曜日(3月20日を除く)、3月21日(火)、3月22日(水)
観覧料 : 一般700(560)円、 高・大学生、65歳以上500(400)円
中学生以下は無料 ※( )内は20名以上の団体料金
※本料金で常設展もご覧いただけます。

川崎市岡本太郎美術館website: http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html



「母の塔」がそびえる自然の中の美術館。


物販コーナーも作っていただきました。


展示風景。手前は井原宏蕗さん、私の左隣の大きな絵は黒木重雄さん、右隣は後藤拓朗さんの作品。
見ての通り、他の作家さんの作品も迫力ある作品が多いです。ぜひ会場でご確認下さい。


お気に入り作品投票コーナーもあります!


お手紙コーナーも。会場にほとんどいられないので、ご感想など投函していただけると嬉しいです。

あとは最終日、ギャラリートークの日は朝から会場に居るようにしようと思っています。

この貴重な機会に、「388」がたくさんの方に見て頂けますように。





category: 展示のお知らせ

tb: --   cm: --

△top