うしのつむじ

牛の版画と絵を描く、冨田美穂のブログです。

落石計画に行ってきました。 

 

根室の落石へ、「落石計画」を見に行ってきました。(HPはこちら

落石岬の旧落石無線送信局(現池田良二スタジオ)で毎年この時期に行われている展覧会、今年で5期目です。
井出創太郎と高浜利也のアーティストユニットによる、銅版画と銅版画の版で作る対話空間(茶室)の公開制作をメインに行われています。
池田先生、高浜先生、井出先生は、私の大学時代の恩師でもあります。
 
IMG_1736 25

対話空間(=茶室)の公開制作。 

IMG_1698 25

IMG_1708 25

版画で覆われた茶室の内側は、廃銅版(井出先生の銅版画の版)

IMG_1704 25



地元の小学生との版画ワークショップで作った作品も展示されています。
落石の古い地図を大きく拡大したものに、小学生の思い出の場所を描いた銅版画を貼り付けてあります。
こどもたちの描いた、魚や動物、昆布を干す風景など。


IMG_1719 25



落石計画を見に来るのは3回目でしたが、茶室が徐々に形になって、内側に銅版が貼られると、その存在感たるやすさまじいものがありました。
霧の中の、時にされされた建物の中の、輝く赤い空間。霧、錆びた建物、植物、地面、そのまわりの環境の内側が、ふとそこに現れたといったような、言葉にするとそんな印象を受けました。

晴れた日には茶室の内側の銅版が、太陽の光をはらんで桃色に輝くのだとか。

そして銅の板が時とともに変化していくであろうことも、作品の一部なのだそう。
また来年以降も続けるそうなので、茶室の完成がとても楽しみです。


メインの茶室の他にも、ろうそくのほのかな灯りのもと先生方の版画作品を見るのも、子どもたちの作品を見てわくわくするのも、落石計画ならではの楽しみです。


今年の会期は終わってしまいましたが、来年以降、ぜひぜひ皆様、足をはこんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

category: 見てきました

tb: --   cm: --

△top