うしのつむじ

牛の版画と絵を描く、冨田美穂のブログです。

牛のつむじ展、始まりました。 

 

11月23日より、札幌は円山のGallery Retaraさんにて、冨田美穂個展、「牛のつむじ」始まりました。

初日から、本当にたくさんの方が来てくださいました。ありがとうございます!

たくさんの方に助けられて、なんとか初日を迎えることができました。

ぎりぎりまで新作を作っていて、こちらから札幌に向かうバスに作品を持って乗り込むはめになってしまいましたが…。

メインは太郎賞の時の「388全身図Ⅱ」

IMG_6648 r

直前まで作っていたのはこれです。多色刷りの「915」。まだ会期はじまったばかりなので、部分写真で…なかなか苦労しましたが、白い牛の版画をずっと作ってみたかったので、念願かなった感じです。顔と首の正方形の画面です。

mihotomita-915 d

一日一牛も貼りだしました。

IMG_6655 r

初日の23日は、ギャラリートークをさせてもらいました。

23961071_945087528976812_1695371138_o_R.jpg
撮影・小島啓二氏

札幌近郊やずいぶん遠くからもたくさんの方が来てくださって、本当に嬉しかったです。
ご挨拶できなかった方もいたのでとても心のこりなのですが…。
トークは、話が前後したりお聞き苦しいところもあったのではと思いますが、30分あっという間でした。
言う事を準備するとうまく話せないので、その場の勢いでお話させてもらって、あとから考えるとちょっと捕捉したいところもあったりなので、少しここで書かせて下さい。

牛を木版画で作る、という表現にたどり着いたのはほんとうに偶然や出会いがいろいろ重なって、自分で選んだというよりたどり着いた、という感があるのですが。
後からいろいろ理由づけたりもするのですが、一番はやはり木版画の自分の作品が好き、という事につきるのかもしれません。

背景もなく、柔らかいようで硬質な、三角刀で彫った毛の表現で、牛のもつ神々しいような近くて遠い存在感に迫れる気がするのです。立体感があるようでとても平板で、絵では出せない凝縮したような表現になっているのではないかと。

まだまだ途上ですが、続けていく事でもっと近づける何かがあればいいなと思っています。

つたない話を聞いて下さった皆様、本当にありがとうございました。

会期は12月11日までです。どうぞご覧になってくださると嬉しいです。

後は酪農女性サミットの全日の12月4日と、最終日の12月11日に会場に居るつもりでいます。

冨田美穂展 牛のつむじ 
2017年11月23日(木)~12月11日(月) 火曜日定休 12:00~18:00 
Gallery Retara 札幌市中央区北1条西28丁目2-35MOMA Place 3F
スポンサーサイト

category: 展示のお知らせ

tb: --   cm: --

△top

荒川版画美術館、2017年の営業を終了しました。そしてあたたかい展のお知らせ。 

 

2017年の佐伯農場荒川版画美術館、及びレストラン牧舎の営業は、11月12日をもって終了いたしました。
来年の春まで、冬季休業になります。

今年もたくさんの方に作品を見て頂きました。
本当にありがとうございます!!

厳しい冬を乗り越えて、また春にお会いしましょう。

そして、11月23日からは、東一条ギャラリーで毎年恒例あたたかい展がはじまります。
私も少しだけ参加しております。ポストカードの新作もありますよ~!お近くのかたは、ぜひ!
2017あたたかい展
1月23日(木)~12月3日(日)
月火水曜日はお休みです。
午前11:00~午後5:00まで。
usi2016244_R.jpg


もうすぐ雪に埋まる景色。






category: 展示のお知らせ

tb: --   cm: --

△top

Gallery Retara さんで個展のお知らせ。 

 

久しぶりの個展のお知らせです。

冨田美穂展 牛のつむじ 

2017年11月23日(木)~12月11日(月)火曜日定休 12:00~18:00 
Gallery Retara  〒064-0821札幌市中央区北1条西28丁目2-35 
MOMA Place 3F (アメリカ領事館斜め向かい)
TEL 011-621-5600 
http://moma-place.jp/retara/index.html

初日と最終日は、会場に一日居させてもらう予定です。
そして、初日の午後3時から、アーティストトークを行う予定です。こちらもぜひ!

岡本太郎賞に出品した大きな牛の版画と、新作が2点ほど、あとはここ2、3年ほどの版画作品をメインに展示する予定です。

今追い込んで新作作っています…!

前にレタラさんで展示をさせていただいてから、早いものでもう4年になるのですね。

お近くの方、足をお運びいただけると嬉しいです。

☆ご注意☆先日お知らせした「酪農女性サミット」と日程が重なっていますが、私が講演させて頂く12月5日は、ちょうど火曜日でギャラリーは定休日になります。参加される方で、個展も見に行こうかなと思ってくださっている方がいましたら、どうぞご注意くださいね。



冨田美穂2017レタラ個展DM表



冨田美穂2017レタラ個展DM 裏

category: 展示のお知らせ

tb: --   cm: --

△top

荒川版画美術館所蔵作家3人展始まります。 

 

9月5日から、中標津町東一条ギャラリーにて、「佐伯農場荒川版画美術館所蔵作家3人展」始まります。

先日まで行われていた細見浩先生の展覧会に引き続き、普段荒川版画美術館に展示している作家さんの展示が東一条ギャラリーにて行われます。

根本茂男先生の作品も、松本五郎先生の作品も、先生方が生きた戦中戦後の道東の景色を描いた、作品として素晴らしいだけでなく、当時の生活や風景を知る貴重な資料とも言えると思います。
最近荒川版画美術館には飾っていなかった作品がメインとなると思いますので、懐かしい作品、はじめて見る作品に出会えるのでは…!お近くの方、ぜひ足をお運びいただければと思います。

先生方のプロフィールはこちらに。荒川版画美術館サイト。
http://saeki-farm.sakura.ne.jp/arakawa/arakawa-index.html

私はせっかくの機会なので、学生時代に最後に描いた自画像の油絵や、版画コースで作ったシルクスクリーンなど、ずーとしまってあった作品を出してみました。先生方の作品の重厚さにはとてもかないませんが、私の歴史もちょっと知れるかも…しれません。
油絵、受験時代含め5年もみっちり描いてた割に本当に鳴かず飛ばずだったんですが、この油絵(2年の進級制作でした)で赤塚祐二先生の個人賞を頂いたのが本当に嬉しかった思い出です。そのあとは版画コースに進んでしまったので、油絵は一切描いてないです。しかも他の油絵はほとんど処分してしまったので、私としては大事な作品です。

「佐伯農場荒川版画美術館所蔵作家3人展」

故根本茂男さん・国後島ポンコタン風景など
松本五郎さん(音更町在住)・牛、道東風景など
冨田美穂(小清水町在住)・学生時代の油絵、シルクスクリーンなど

9月5日(火)〜9日(土)
12日(火)〜16日(土)
27日(水)〜30日(土)
午前11時〜午後5時

東一条ギャラリー
086-1041 北海道中標津町東一条北1丁目16番地 2階

東一条ギャラリーのブログ。展示風景の写真もありますよ。
http://e1gallery.blog129.fc2.com/blog-entry-670.html




IMG_5971 小
自画像。P40号です。

usi2016226.jpg
おまけつむじ。 ミルクを飲む雄こっこ。


category: 展示のお知らせ

tb: --   cm: --

△top

春の荒川版画美術館、そしてKIRAWAY歩いてきました。 

 

荒川版画美術館のお知らせを、改めて。

今年も荒川版画美術館での作品展示が始まっています。

荒川の岸辺に北海道に自生する可憐な花がいろいろと咲いていて、春の佐伯農場はとても美しかったです…!

今年も10月いっぱいくらいの予定でオープンしています。

レストラン牧舎も相変わらず美味しく、そしてくつろげる空間です。

近くの方も遠くの方も、ぜひ一度遊びにいらして欲しい場所です。

佐伯農場
〒088-2686 北海道標津郡中標津町字俣落2000-2

荒川版画美術館 
開館時間 10時~17時
入館料無料
休館日 木曜日

レストラン牧舎
営業時間 10時~17時
定休日 木曜日

IMG_3891 2
つややかなウバユリの葉と、春の荒川版画美術館

IMG_3884 2
今年も向かって左側の展示室に展示させて頂きました。

IMG_3893 2
岸辺のニリンソウとオオバナノエンレイソウ。


レストラン牧舎外観。


新メニューの手作りベーコンカレー。美味しかったです!


そして、念願の北根室ランチウェイKIRAWAYを歩いてきました。
北根室ランチウェイとは、佐伯農場の佐伯さん達が作った、中標津空港から美留和駅までの、71.4kmのロングトレイルです。
北根室ランチウェイwebsite

今回は、第2ステージ。開陽台から佐伯農場までの約10キロ。
とても眺めの良い道で、鳥の声を聴き、木漏れ日を中を歩くのは、とても気持ちが良かったです。
開陽台の高いところから始めるので、もっと起伏があるのかなと思っていましたが、降りたあと少し急な登りがあったくらいで、歩きやすかったです。
いつもオホーツク海側から見ている斜里岳を、常に裏側から見て歩くのもなんだか不思議でした。
いつか、71キロ全部歩いてみたい気持ちが強まりました…!

ただ自然の中を歩く、という事がいかに身体と心の感覚をフル稼働する事なのかという事を、久しぶりに感じたような気がします。
最高のリフレッシュですね。

牧場の敷地内や、牧草地の脇を通るところもあるので、途中の足の消毒ポイントでは必ず靴の裏の消毒を!


スタート地点の開陽台。あの山の向こうまで、歩いて行けるんだな…!という気持ちに。でも今回は佐伯農場まで。


山と牧草地と空のコントラスト!美しかったです。


まだ葉が出きっていない、新緑のKIRAWAYでした。

category: 展示のお知らせ

tb: --   cm: --

△top