うしのつむじ

牛の版画と絵を描く、冨田美穂のブログです。

池田良二展と落石計画第9期に行ってきました。 

 

お世話になっている網走市立美術館にて、武蔵野美大時代の恩師、池田良二先生の展覧会が開催されています。
初日のギャラリートークに行ってきました。

池田先生には武蔵野美大時代、版種が違った事もあり(池田先生は銅版画、私は木版画専攻だったので)、そこまで一緒にすごしたり、お話を伺う機会も多くなかったような気がするのですが、今回たくさんの作品を先生の解説付きで見る事ができて、恥ずかしながら初めて池田先生の作品世界に向き合えたような気がしました。
銅版画の写真製版を、独学できわめられた先生の不思議なイメージ、深い質感と相まっていつまでも見ていたくなる感じです。
そして先生のお話の教養の豊かな事。学生の頃もっといろいろお話伺っておけばよかったなあ…しかしこうして網走の地でご縁があるというのも不思議なものです。
お近くの方はぜひ!銅版画のイメージが変わるかもしれませんよ。

池田良二版画展ー静慮と精神の息吹ー
会 期 2016年 8月6日(土)から 9月25日(日)まで
     開館時間 AM9:00~PM5:00
会 場 網走市立美術館 第1・第2・第3展示室
作 品 池田良二氏の銅版画作品71点を展示
観覧料 高校生以上500円 小中学生250円
     *常設展もご覧になれます。
     *網走市・大空町の小中学生は土曜無料




そして次の日、根室の落石計画へ。
落石計画website

IMG_2277_R.jpg

根室の落石岬にある、旧落石無線局跡の池田良二スタジオで毎年開かれているアートイベント。
今年でなんと9年目。
井出創太郎先生と高浜利也先生の銅版茶室「対話空間」。時の流れとともに毎年ち変わっていく茶室にまた少しづつ手を入れているそう。
奥にあるのが、池田先生の石彫作品「蹲」。

IMG_2289_R.jpg


IMG_2288_R.jpg

若い作家さんの作品も。大山実希さん、所彰宏さん、山口麻加さん、佐藤琢巳さんの4名。
あんまりちゃんと写真が撮れていませんでしたが…どの作品も建物の空気の中で存在感を放っていました。
こちらは大山実希さんの作品。木版画の植物、好きな感じです。
IMG_2292_R.jpg

IMG_2294_R.jpg


今年は初めて初日に行ったので、地元のこどもたちと一緒に行っているワークショップも見る事ができました。
子どもたち、本当に楽しそうに作品を作っていて、あのどっしりと重厚な場所がなんだか華やいだ雰囲気に。
IMG_2300_R.jpg

IMG_2310_R.jpg

IMG_2318_R.jpg

そして、今年はなんと晴天だったので、岬にも行ってきました。池田良二スタジオから、歩いて15分くらい?この世のものとは思えぬ絶景で、お天気に恵まれたらぜひ見てほしいところです。
お天気のおかげで、落石岬周辺は昆布干しの作業でとても忙しそう。(写真はないですが)、同じ北海道でもこちらと全然違う景色に、異国に来たような旅情を味わいました。

IMG_2325_R.jpg

IMG_2329_R.jpg

IMG_2335_R.jpg


池田良二展を見た次の日だったので、落石で池田作品のイメージの源泉も訪ねる事ができて大満足でした。
もう一度網走美術館に作品見に行きます!

落石計画は来年以降も続ける予定だそうですので、興味のある方はぜひに。
交通アクセスはとっても悪いところですが、それだけの価値はあると思います。

ちなみに以前落石計画に行った時の私のブログ記事はこちら。
2012年。
2013年。
茶室の経年変化が感じられますね。そしてどっちの年も霧が。

スポンサーサイト

category: 見てきました

tb: --   cm: --

△top

子ども芸術フェスティバル。 

 

斜里町子ども芸術フェスティバルの事を。

お世話になっている標茶の手作りクレヨン工房Tuna-kaiさんのワークショップをお手伝いさせてもらいました。

再生紙の葉書に、Tuna-kaiさんのクレヨンや絵の具でリンゴを描こうというワークショップでした。
体験に来てくれたこどもたち、本当に素敵な絵を描くのですよ。Tuna-kaiさんの画材の自然の色味、クルミの殻に入った珍しい絵の具、それらをじっくりと味わい尽くすように、時間をかけてずーっと描いている子も何人かいました。
写真はワークショップが終わったあとの使い尽くされた絵の具ですが、その下の黒く塗られたところ、女の子がひとり、周りでお友だちが楽しそうにしていても真剣に、紙が破けるまで色を重ね続けていたところです。
こどもたちの集中力、純粋に色や画材を味わうその姿に、なんだか胸を打たれる思いでした。
一人、抽象のようなとてもきれいな絵を描いていた男の子がいて(絵の写真を撮らせてもらえば良かった)、その絵をとても誉めたのですが、どうもそれが嬉しかったようで、後で再生紙の厚い葉書が捲れてくるほど力強く筆で擦って描いた絵を、私にくれました。私もとても嬉しかったのです。

普段あまり子どもに教えたりする機会はないのですが、むしろ私の方がたくさんの気付きをもらった気がします。


子ども芸術フェスティバルと関連させて、斜里町図書館で、ただいまTuna-kaiと12人の作家たち展を展示させて頂いています!
こちらもまだの方はぜひご覧になって下さいね!
3月6日まで。

そのあと夕方は奈良美智さんの講演会。
奈良さんの子ども時代の弘前の写真などをスライドで見せて頂きながら、子どもの頃どんな風に過ごしたかなどお話して下さいました。
子ども時代の弘前と、斜里の雰囲気がよく似ているのだとか。
それから旅のこと、作品の事、絵を描くようになったきっかけなど。
奈良さんは本当に飾らない人柄で、会場は終始温かい雰囲気につつまれていました。
気の向くままにお話しされるのを聞いているうちに、奈良さんの作品の事もずっと身近になった気がします。
奈良さんも予備校の講師をされたときに、学生に教わることが多かったというお話をされていて、少しその日の自分の体験ともリンクしてちょっと嬉しかったです。

私ももっと、頭を柔軟に、どんどん視野を広げて、良い作品を作りたい!そんな気持ちにさせてもらいました。


オープニングアクトの佐藤ぶん太さんの津軽笛演奏も素晴らしかった!


他にも笛づくりやパンづくりのワークショップもあったり、展示物もおおきなねぷた絵や中学生の作ったねぷたやお囃子の楽器に弘前の工芸品、地元の高校生たちが作った弘前地図にかわいい顔出しパネルに…盛りだくさんの芸術フェスティバル。こんなイベントがあって斜里のこどもたちは幸せだなと思いました。
来年もまた楽しみにしています。

category: 見てきました

tb: --   cm: --

△top

全日本ホルスタイン共進会。 

 

ポスターを描かせていただいた、第14回全日本ホルスタイン共進会北海道大会を見に、安平町へ行ってきました。

会場のあちこちに自分が描いた牛が貼られているし、パンフレットの表紙にも使っていただきました。

共進会の事を全くわからないままにお引き受けしたお仕事で、取材したりいろいろ教えていただく中でなんとかかきあげましたが、実際現場に足を運んでみて、本当にこの絵を描かせてもらってよかったなと思いました。

つやつやに整えられた立派な牛達。牛をひく農家さん、農業高校生たちの真剣な姿、そしてリングを歩く人と牛の息がぴったり合っていたり、いつもと違う舞台にペースを乱してしまった牛がいたり。客席から見ているだけでも様々なドラマがあって、胸が打たれるような瞬間がいくつもありました。

延期が重なり10年ぶりの全国大会という事で、ここに来るまでにも本当にたくさんの喜び悲しみご苦労があったのだろうなあと…。

そんな皆さんの夢が詰まったようなこの大会で、微力ながらポスターという形で協力させていただくことができて、感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました!

IMG_8305_R.jpg
未経産牛の審査。会場は満員です!

IMG_8384_R.jpg
自分の描いたものがこんなに大映しになっていて、嬉しいやら恥ずかしいやらでした。

IMG_8680_R.jpg
初日の名誉賞の審査の様子。

IMG_8694 2_R
原画はこんなところに飾ってくださっていました。

IMG_8745 2_R
ジャージー牛の部もありました。

IMG_8809_R.jpg
ジェネティクス北海道さんのブース。今までのサイアの表紙の絵と、版画も飾っていただきました。
会場にはたくさんの企業や団体のブースが出ていて、酪農関連の見本市のようになっていました。

IMG_9062_R.jpg
グランドチャンピオン決定の瞬間。北海道更別村の天野さんの牛「レデイスマナー MB セレブリテイ」です。おめでとうございました!

usi532.jpg


category: 見てきました

tb: --   cm: --

△top

今年も落石計画へ。 

 


今年も落石計画へ行ってきました。






IMG_6109_R.jpg

今年で6年目になる落石計画です。
銅版の茶室が年々すこしずつできていきます。

IMG_6120_R.jpg


IMG_6122_R.jpg


IMG_6125_R.jpg


去年貼られた、内側の銅板。一年経ってちょっとしっとり。
でもあいかわらず日光を浴びて輝いていました。

6年目ともなると、はじめは真新しい感じがした外側の銅版画がプリントされた石膏キューブが、この建物の内壁のテクスチャーとじんわりなじんできたという雰囲気。

そして、この場所にこの構造物を作った意味の一つが腑に落ちた気がしました。
この歴史的な建物とともに、これから長く時間を重ね、周りの壁のように浸食されていくであろう事も、作品に仕組まれているんですね。

対話空間と名付けられた、銅版画の茶室。完成して実際にお茶をいただける日が楽しみです。


IMG_6102_R.jpg

池田良二先生の作品。落石の風景が描かれた銅版画に、実際の落石の風景が映りこむ、不思議な感覚。



IMG_6104_R.jpg

高浜利也先生の銅版画とインスタレーション。
各地のワークショップで集められた、その土地ゆかりの木材たち。こどもたちが作った家や線路も交じっています。自由に動かして楽しむことができます。


IMG_6105_R.jpg

井出創太郎先生の銅版画。
植物が描かれているのですが、質感と色合いがこの場所の壁と一体化しているかのよう。
植物の化石を見ているような感覚になりました。


IMG_6129_R.jpg

今年の地元のこどもたちとのワークショップはお面を作ったようです。
この場所でこんなお面をかぶったこどもたちと遭遇したら…何か物語の世界に飛躍できそうな気がしますね。


来年もまた楽しみです!




category: 見てきました

tb: --   cm: --

△top

北根室ランチウェイ、モアン山コースを歩いてきました。 

 

展示も一息ついて、前々から歩いてみたかった北根室ランチウェイを歩いてきました。
中標津空港から開陽台、佐伯農場、養老牛温泉、西別岳、摩周湖を経由して、JR美留和駅までの歩く道です。

北根室ランチウェイサイトはこちら

ブログはこちら



モアン山コースの入り口。11月上旬から5月までの期間限定のコースです。モアン山とは、あの養老牛の近くの、「牛」と大きく草を刈ってある小さな山です。

833.jpg

右手にモアン山。

835.jpg

道が曲がるところには標識が立っています。

843.jpg

登り。前日に降った雪がきれいです。

838.jpg

なにかの足跡。

844.jpg

ちょっと山頂への道を間違えてしまったのですがなんとかたどりついて。お茶と俵真布のジンジャークッキーとチョコレートで休憩。眺めがすばらしい。海まで見えそう。

846.jpg

西別岳と摩周岳もきれいに見えます。

852.jpg

マンパスに薄氷が。

857.jpg

マンパスとは柵を人がのりこえるための仕組みです。デザインも素敵。


850.jpg

途中の小さな川は渡れるようになっていました。なんだか絵本の中にでも迷い込んだような光景。
鹿がわたろうかどうしようか悩んだ足跡が。

863.jpg

最後振り返るとモアン山の頭が見えました。


念願の北根室ランチウェイ、とっても楽しかったです!これから雪が深くなったら、スノーシューで歩いてもたのしそう。

いつか夏に全部を歩いてみたいなあと思いました!


category: 見てきました

tb: --   cm: --

△top