FC2ブログ

うしのつむじ

牛の版画と絵を描く、冨田美穂のブログです。

お天道様~! 

 



こちらはなんだか雨続きですが、なんと関東では梅雨が明けたとか!
はやく北海道らしいお天気が戻ってきてほしいものです。
鹿追での展示まであと2か月!がんばります~。
スポンサーサイト

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

LINEスタンプを申請しています。 

 

念願のLINEスタンプを作成し、申請しています。通りますように…!
審査通りましたら、改めて告知しますね。
07 (1)

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

細見浩先生のこと。 

 

3月10日、版画家の細見浩先生が亡くなられました。享年81歳でした。
細見先生とは、毎年荒川版画美術館で一緒に展示をさせてもらっていました。
つい先日も、中標津町のギャラリー残日舎での先生の作品展を拝見して、改めてその作品の良さに打たれるとともに、オーナーの志道さんに、入院されていた先生が退院されて、元気になってきているという事を伺ったばかりでした。
またお会いできるとばかり思っていました。
心から、ご冥福をお祈りいたします。


2015年に荒川版画美術館で展示されていた、大作。素晴らしかったです。写真があまりよくないですが…。


061 2
先日残日舎で見た豆本。

064 2
道東の水辺の空気感がそのまま閉じ込められたような。


細見先生は旭川の出身で、教師の仕事で中標津に赴任してから、ずっとこの地の風景を木版画で表現してこられました。
初めて作品を見たのは、偶然訪れた佐伯農場でした。
それから何度かアトリエにお邪魔してお話を伺う機会がありました。
私が荒川版画美術館に展示させてもらってから、すこしづつ作品が広がり、はじめて版画の販売をするという事になったとき、額やエディションの事など、版画家としての心構えを教えて下さったのも先生でした。
いつも版画に対してとても誠実で、丁寧でやさしい語り口の中に確固たる厳しさをもって、笑顔で教えて下さった先生には感謝しかありません。

先生の木版画には、道東の大地に対する揺らぎのない愛情と敬意というようなものがにじんでいます。
また、先生独特の、木版のエッジで屹立した形と絵の具の粒子が折り重なって溶け合っているその感じが、この風景を表すのに最良のものであると言えるほど、山や木々や水や草花の存在の芯を捉えているようです。
これからも中標津の美しい風景に出会うたびに、細見先生の作品を思い出すでしょう。
また先生の作品を見るたびに、どこにいてもあの大地の透き通る風を感じるでしょう。

自分の立っている世界に敬意を払い感動し続ける心、それを厳しく表現し続ける事。本当にそれは並大抵の事ではないと思います。
もうお会いすることはできませんが、先生と先生の作品に教わった事はずっと私の指針としていこうと思います。
ありがとうございました。


下のリンクから、焚火社さんのサイトに飛びます。下にスクロールして「細見浩 木を彫る音に。」というバナーの「VIEW」というボタンをクリックすると、細見先生の制作風景と、ご自身の制作へのこだわりを語っている動画が見られます。
木と対話するように彫っている先生の姿。
http://takibisha.com/

下の動画は先生のご子息で音楽家の細海魚さんの音楽のPV。魚さんの静かな音楽に合わせて、先生の仕事をする手。


category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

学校で教えてきました。 

 

2月、地元の小清水小学校に木版画を教えに行ってきました。
夏に一緒に牛を見に行って、牛の絵を描いた6年生。
また牛で飽きるかな難しいかな…とも考えましたが、担任の先生とも相談して、また牛で作ってもらうことに。

結論から言うと、本当にみんな素晴らしい版画ができました。
どの子の牛も本当にかわいい…!!
小清水小の6年生、難しい課題にも関わらず、とても真剣に取り組んでくれた結果ですね。

正直版画を小学生に教えるのは初めてでしたし、けがさせたらどうしよう…難しすぎるのでは…と教えるほうも不安な部分があったのですが。(不安でやたら教材研究に励んでしまったり…)
担任の先生たちもフォローしてくださり、なによりこどもたちのがんばりで、すばらしい作品ができた事は本当に自分にとってもいい経験になりました。
こどもたちにも何か伝わっていたらいいなと思います。


そして去年に引き続き、隣町の清里中学校でも2年生の美術の時間にお話をさせていただき、版画のワークショップも行いました。

時間にかぎりがある中で、先生とも相談して、小さな版木に雪の結晶を彫って木版画のぽち袋を作ってもらいました。
私は彫るところまでしか見られなかったのですが、後日刷ったものとメッセージをいただきました。うれしいですね…!

こちらもできるのかちょっと不安があったのですが、そんな不安なんて見事に裏切られる、素敵な版画ができていました。
生徒たちが悩みながら真剣に彫っている姿がとても印象に残っています。
お話させてもらった事も含めて、少しでも楽しんでもらえたならいいなと思います。

学校に縁のある2月でした。

お世話になったみなさま、ありがとうございました。

それにしても、小清水といい清里といい、本当に子どもたちが素直ですし、風光明媚ないい環境で、私もこんなところでこども時代を過ごせたらよかったなあなんて考えてしまうほどでした。

以下ちょっとみづらいのですが、こどもたちの作品を。
どの子も個性が出ていて最高にいい作品ができたと思います!

121 3


126 2


001 2


002 2


北海道新聞さんで取材に来てくださって、オホーツク欄で記事にしてくださいました。

20182月北海道新聞
北海道新聞 2018年2月7日

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

レティシア書房さんでの「冨田美穂 牛の木版画展」終了しました。 

 

5月7日、京都のレティシア書房さんでの「冨田美穂 牛の木版画展」終了致しました。
ご近所から、遠方から、とてもたくさんの方がお越し下さいました。
本当にありがとうございました!

最終日は、以前からお付き合いはありながら初めてお会いできた方、北海道のご縁でお越しいただいた方、ネットで知って来てくださった方など、多くの方とお話することができて、とても嬉しかったです!

レティシア書房のお二人にも本当にお世話になりました。

斜里のミニプレス、シリエトクノートさん、斜里の絵本作家あかしのぶこさんとのご縁でできた展示でした。
知床と京都の不思議なご縁が、また少しずつ広がっていくといいですね。

また京都で展示ができますように!


レティシア書房さん外観。京都の町中の、とても素敵なお店でした。


北海道から京都出張の牛達。







店内は、欲しくなるような古書と、全国のミニプレス、レコードでいっぱいでした。


ずっとほしかった掛川源一郎さんの写真集を買って帰ってきました。


usi2016201.jpg

おまけつむじ。なかよし白&黒。












category: 未分類

tb: --   cm: --

△top