FC2ブログ

うしのつむじ

牛の版画と絵を描く、冨田美穂のブログです。

心配な日々。 

 

img061.jpg

東京などで緊急事態宣言との事で、とても心配です。北海道もまだまだ油断できませんが…。
どうか、一日も早く、みんなが普通に生活を送る日々が戻ってきますように。
くれぐれも皆様、お体大切に。乗り切りましょう。

スポンサーサイト



category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

ベルリンで個展をします。 

 

11月、ドイツのベルリンで個展をさせて頂くことになりました。
ギャラリーの小澤さんが同じ武蔵野美大卒、お母様が隣町の斜里出身と言うことで、たまたま小澤さんが斜里にいらしていた時にご紹介して頂いたというなかなかに稀有なご縁で決まった展示です。ありがたい事ですね…!
ベルリンで、作品にどういう反応が返ってくるのか全くの未知数なのですが、武者修行のつもりで行ってきます!
私も作品と一緒にベルリン行ってきます。ドキドキです…!

MIHO TOMITA × GALERIE DESIGNAT

2019年11月16日~11月23日
土日12:00~18:00、平日は問い合わせくれたら夜は開けてくれるそうです。

Galerie DESIGNAT
Oudenarderstr.2 13347 Berlin

poster_web_miho_R.jpg

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

鈴木牛後さんの句集の表紙。  

 

時間が経ってしまいましたが、俳人で北海道下川町で酪農業を営む鈴木牛後さんの句集「にれかめる」の表紙に私の版画作品を使って頂きました。

鈴木さんとは、鈴木さんのブログにコメントを書き込んでいた12、3年くらい前からの友人です。一度牧場に遊びに伺った事も。
山深い下川町の四季の中、放牧酪農を営む鈴木さんの日常から紡ぎ出される句の数々はどれもハッとさせられるものばかり。
酪農に日々関わっている私でも、牧場の情景を通じてこのように世界を捉えることが出来るんだなあと…そしてその感覚を短い詩にするとまた改めて研ぎ澄まされるような…読んでいて目から鱗が落ちるような思いです。
人間と自然、というのではなく、ダイナミックに移り変わる季節も、牛も、虫も、そして人も、全て同じ土俵の上で生きて死んでいく感覚を、牛後さんは持っているんだなあと思いましたし、それは私が牛の作品をつくるスタンスとも少し共通するものがあるなあとも感じました。
書店やネット書店で買えますので、気になる方はぜひ読んでみてほしいと思います…!
https://www.kadokawa.co.jp/product/321904000700/

2012年の深川東州館での展示を見に来てくださった時に詠んでくれた句も載っていました…!うれしいですね。
ちなみに「にれかむ」とは「反芻」の古い言葉だそうですよ。

その昔鈴木さんの牧場を訪れた時の写真。眺めが良いですねー。

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

冨田美穂 牛作品展始まりました。 

 

18日から深川市アートホール東州館にて、冨田美穂牛作品展始まりました。

IMG_5719.jpeg


7年ぶりの東州館に、また作品を持ってこられて感無量です!
新作もなんとか間に合いました。「1177正面図」です。



ポストカードと、佐伯農場コラボトートバッグ2種も販売してもらっています!



あとは最終日の8月31日に午後から在廊予定です。

冨田美穂 牛作品展
2019年8月17日(土)~8月31日(土)
10:00~18:00 月曜休館 最終日は16:00まで
アートホール東洲館
北海道深川市1条9番19号深川市経済センター2階 (JR深川駅隣です)
tel: 0164-26-0026

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top

お天道様~! 

 



こちらはなんだか雨続きですが、なんと関東では梅雨が明けたとか!
はやく北海道らしいお天気が戻ってきてほしいものです。
鹿追での展示まであと2か月!がんばります~。

category: 未分類

tb: --   cm: --

△top