うしのつむじ

牛の版画と絵を描く、冨田美穂のブログです。

子牛と猫シリーズ。 

 



餌に夢中の子牛、アピールに余念のない猫。

スポンサーサイト

category: つむじ

tb: --   cm: --

△top

荒川版画美術館所蔵作家3人展始まります。 

 

9月5日から、中標津町東一条ギャラリーにて、「佐伯農場荒川版画美術館所蔵作家3人展」始まります。

先日まで行われていた細見浩先生の展覧会に引き続き、普段荒川版画美術館に展示している作家さんの展示が東一条ギャラリーにて行われます。

根本茂男先生の作品も、松本五郎先生の作品も、先生方が生きた戦中戦後の道東の景色を描いた、作品として素晴らしいだけでなく、当時の生活や風景を知る貴重な資料とも言えると思います。
最近荒川版画美術館には飾っていなかった作品がメインとなると思いますので、懐かしい作品、はじめて見る作品に出会えるのでは…!お近くの方、ぜひ足をお運びいただければと思います。

先生方のプロフィールはこちらに。荒川版画美術館サイト。
http://saeki-farm.sakura.ne.jp/arakawa/arakawa-index.html

私はせっかくの機会なので、学生時代に最後に描いた自画像の油絵や、版画コースで作ったシルクスクリーンなど、ずーとしまってあった作品を出してみました。先生方の作品の重厚さにはとてもかないませんが、私の歴史もちょっと知れるかも…しれません。
油絵、受験時代含め5年もみっちり描いてた割に本当に鳴かず飛ばずだったんですが、この油絵(2年の進級制作でした)で赤塚祐二先生の個人賞を頂いたのが本当に嬉しかった思い出です。そのあとは版画コースに進んでしまったので、油絵は一切描いてないです。しかも他の油絵はほとんど処分してしまったので、私としては大事な作品です。

「佐伯農場荒川版画美術館所蔵作家3人展」

故根本茂男さん・国後島ポンコタン風景など
松本五郎さん(音更町在住)・牛、道東風景など
冨田美穂(小清水町在住)・学生時代の油絵、シルクスクリーンなど

9月5日(火)〜9日(土)
12日(火)〜16日(土)
27日(水)〜30日(土)
午前11時〜午後5時

東一条ギャラリー
086-1041 北海道中標津町東一条北1丁目16番地 2階

東一条ギャラリーのブログ。展示風景の写真もありますよ。
http://e1gallery.blog129.fc2.com/blog-entry-670.html




IMG_5971 小
自画像。P40号です。

usi2016226.jpg
おまけつむじ。 ミルクを飲む雄こっこ。


category: 展示のお知らせ

tb: --   cm: --

△top

きゃっきゃする子牛。 

 

usi2016221.jpg

軽やかに子牛ステップ。



category: つむじ

tb: --   cm: --

△top

今年も行ってきました。落石計画、第10期。 

 

今年も根室の落石岬旧落石無線局(現 池田良二スタジオ)まで、落石計画を見に行ってきました。

落石計画サイト http://www.ochiishikeikaku.com/top/top.html

毎年おなじみになってきました、武蔵野美大時代の恩師の池田良二先生、高浜利也先生、井出創太郎先生たちが中心になって行われているアートイベントです。
今年は節目の10期(10年目!)という事で、クロニクル2008-2020 -痕跡と展開ー というタイトルで、10年間の間落石計画に関わった若いアーティストの作品が展示されていました。
先生方も含めて70人余りの作品が、小品とはいえずらりと並べられていて、いつもとはまた違った見応えがありました。
そして、こんなにもたくさんの方がいままで関わってきたのだなあという感慨もわいてきます。
学生さんたちにはきっといい経験だったでしょうね。そしてそれが制作に生かされていくのでしょう。

丁度ギャラリートークの日にお邪魔したので、作家さんたちの落石を起点とした作品にかける想いも伺えて、また発見がありました。

今年も昨年に引き続きお天気に恵まれ、岬まで行ってくることができました。相変わらずの絶景!

今年の会期は11日で終わってしまいましたが、また来年も楽しみにしています。


旧無線局外観。

IMG_5888_R.jpg
井出先生と高浜先生による銅の茶室も健在。だんだん渋みが増してきました。年月を経る事も作品の一部のようで、そろそろ内側を葺き替えるかな、なんてお話も。

IMG_5891_R.jpg
茶室の内部。井出先生の銅版画の版。

IMG_5897_R.jpg
今年のこどもたちのワークショップはぺりぺり版画だそう。今年も力作ぞろいでした。

IMG_5911_R.jpg
ギャラリートークの様子。豊田市美術館の学芸員さんを迎えて。

IMG_5902_R.jpg
室内と窓の外のコントラスト。

IMG_5916_R.jpg
岬へ続く道。外側の大きな葉は水芭蕉。春に来てもきれいなのでしょうね。

IMG_5920_R.jpg
今年も絶景。


category: 見てきました

tb: --   cm: --

△top

SIRE 平成29年7月号。 

 

サイア7月号、発行になりました。

タイトルは「共進会の風景、訓子府」です。

5月に見学した、訓子府で行われた北見ブラック&ホワイトショーの時の様子。グランドチャンピオンのオークリーフ スパークリング アピール号と、柏葉さん親子です。

お気づきかと思いますが、実はこんなに人を正面から描いたのは、サイア表紙絵初だったりします。柏葉さんの牛は以前も描かせていただいたのですが、その時は牛しか描きませんでしたね(^_^;)お二人とも、とても良い表情だったので。

少し季節感ないですが、5月の肌寒い日に行われた共進会でした。

usi2016219.jpg

category: 仕事

tb: --   cm: --

△top